ギャンブルが好きな人にとって、カジノに行くことはとても楽しい遠足のような行事でしょう。一度カジノでゲームをしたことがある方は、ギャンブルマシンの裏側で音楽が流れていることに気づいたかもしれません。カジノは音楽のプレイリストを厳選し、そのゲームの雰囲気やその時の流行にあった音楽を採用しています。ですので、「カジノではどんな音楽を流しているのか」という質問には、さまざまな答えがあります。この記事では、カジノの音楽プレイリストとその仕組みについてご紹介します。

音楽はさまざまな感情やムードを引き出してくれるものです。カジノ音楽というと、リラックスしやすいクラシック系のジャンルを連想する人も多いでしょう。行ったことのないカジノで、人気のある曲を聴くと、リラックスできている気分になります。また、音楽は緊張をほぐし、不安を取り除く効果があると言われているので、ゲームにより集中できます。カジノでは、様々な研究に基づいて、ターゲットとする客層に合わせたプレイリストを作成しています。例えば、ジャズやクラシックを流すカジノもあれば、ロックやヒップホップを流すカジノもあります。全てはターゲットとする年齢層に基づいています。

プリンストン大学で行われた研究によると、柔らかい音楽と照明を使うことで、人々がギャンブルに夢中になるということがわかりました。このような環境ではリラックスした感覚を感じることができ、ギャンブルですでにいくら使ったのかを見失いがちになります。しかし、これはギャンブル歴によっても異なります。ベテランのプレイヤーは限度額に達したらやめ、ギャンブルを覚えたてのプレイヤーは予算を超えてもプレイし続ける傾向があります。柔らかくてスローな音楽をかけると、心拍数が下がり、ストレスを感じにくくなり、楽しみながらプレイできます。一方、速くて明るい音楽は、心拍数を上げ、プレイヤーが勝っている場合は、より積極的にギャンブルをしたくなります。これは、プレイヤーが勝っている場合は良いのですが、プレイヤーにストレスやプレッシャーを与えてしまうこともあります。カジノがプレイリストを作成する際、留意しなければならないことがたくさんあります。多くの場合、夜間はロックを流し、昼間はソフトジャズに変える傾向があります。

カジノで流す音楽は、どんな客層に楽しんでもらいたいか、どの時間帯に流すかによって、変わります。中には、例えばバレンタインや独立記念日など、特定の日に特定の音楽を流す場合もあるのです。